フコキサンチンとは?専門店がお伝えするフコイダン療法

ショップ フコイダン

文字サイズ

フコキサンチンとは?

フコキサンチンとは、コンブ・ワカメ・ヒバマタや、モズクなどの褐藻類にわずかに含まれている天然の色素(赤褐色)成分で低分子の構造をしています。

フコイダンは原料となる褐藻類から1000分の1程度しか抽出されない成分ですが、フコキサンチンはさらに微量で4万分の1程度しか抽出できない希少成分です。

「褐藻類から抽出する」という点では同じですが、フコイダンは「糖」が結合した多糖体であるのに対し、フコキサンチンはカロテノイドと呼ばれる「色素」なので、化学的にはまったく別の物質です。

フコキサンチンは低分子の構造をしています。

低分子の成分 フコキサンチン

フコイダンは高分子、ドリンク状が良いとご説明しましたが、では低分子についてはどのようになっているか、ご説明します。

1996年の学会発表以来、様々な研究がおこなわれてきました。そして研究の結果、学会での発表当初はフコイダンの働きと考えられていた効果の一部が、実はそれを抽出する時にほんの少しだけふくまれていた低分子の成分との相乗効果であることが明らかになりました。

フコイダンと一緒に抽出されていた、この低分子の物質をフコキサンチンといいます。

フコイダンの高分子、フコキサンチンの低分子。その働きについてはどちらが良いのか、ではなくそれぞれに良さがあり、足りない部分をカバーしあう相乗効果を享受することができます。

フコキサンチン 効能

フコキサンチンの化学式。フコキサンチンとは、カロテノイド(非プロビタミンA類)の一つであり、キサントフィルに属しアレン構造、エポキシドおよびヒドキシル基を持っています。褐藻やその他の不等毛藻に存在して茶色からオリーブ色を呈するとともに、葉緑体において光合成の補助色素として機能しています。褐藻類中のカロテノイドの大部分がフコキサンチンが占めます。 フコキサンチンの化学式 フコキサンチンとは、カロテノイド(非プロビタミンA類)の一つであり、キサントフィルに属しアレン構造、エポキシドおよびヒドキシル基を持っています。褐藻やその他の不等毛藻に存在して茶色からオリーブ色を呈するとともに、葉緑体において光合成の補助色素として機能しています。褐藻類中のカロテノイドの大部分がフコキサンチンが占めます。

フコキサンチンの効果を劣化させないためのおすすめの形状

フコキサンチンは 光や熱によって劣化し、活性度が低下してしまうため、より質の高いフコキサンチンを抽出するには、フコイダンの抽出よりもさらに特殊な設備と技術が必要となります。

高分子フコイダンとは別に、さらに頼もしいチカラを発揮するフコキサンチン。壊れやすいデリケートな成分なので、フコキサンチン自体の劣化を防ぎ均等に充填することが、そのチカラを充分に発揮し保たせるためには重要です。フコキサンチンの品質をまったく損なうことなくドリンクや粉末状に加工することは、現在の技術では難しいと言われています。

フコキサンチンは、食用のオイルに混ぜ込み充填用のエキスを作ります。フコキサンチンと食用のオイルを混ぜることで劣化を防ぎ、中身を均等に充填するために必要な工程になります。

フコキサンチン 配合

フコキサンチンのカプセル アポネクストのご紹介

フコキサンチンをベースに、さらに配合素材としてダービリア昆布から抽出したフコイダン、赤ショウガエキスを配合。 より幅広い状況の方にご飲用いただけるフコキサンチンで低分子のカプセルです。

攻 フコキサンチン

フコキサンチン 活性

管理栄養士による食事・栄養相談について

フコキサンチンのことなら何でもご相談ください

毎日フコイダン

毎日フコイダン

アポネクスト(フコキサンチン)カプセルや毎日フコイダン(フコイダンドリンク)は医薬品ではございませんので、日本の薬事法という法律上、飲み方や飲む量の提示が出来ないようになっています。

管理栄養士が1日のお目安量をもとに、飲用のアドバイスや食事の相談も行っております。

インターネットやメールでも受け付けておりますが、お急ぎの場合は、下記番号へお電話下さい。

当店では一番早くご相談いただけます。

フコイダンドリンクについての問合せはこちらにお電話ください。


商品の完売と
予約注文に
ついて